AIで東京の夜が変わる?!クラブでのAI活用法

今回は東京銀座にあるzoukTokyoをご紹介

銀座のコリドー街中心地に、話題のナイトクラブズーク トウキョウ(Zouk Tokyo)がオープンしました!シンガポールのナイトシーンで初めてハウスミュージックを導入した先駆者であり、世界のナイトクラブを格付けるDJ MAG TOP 100CLUBS(2022年版)では、アジアでナンバーワンの評価を受けたZoukグループによる、初の東京出店!!これまでにシンガポール、マレーシア、ラスベガスのナイトクラブを統括しており、2024年にはロサンゼルスへの出店も予定している世界的に有名なクラブの日本での初出店となる店舗です。

場所は、銀座7丁目にある複合商業施設の「グランベルスクエア(GRANBELL SQUARE」地下2・3階にあり、同ビルにスパサウナ施設「スパ&サウナ コリドーの湯」やホテル施設「ギンザ ホテル バイ グランベル(GINZA HOTEL by GRANBELL)」があるので、アクセスも抜群!

フロアには一流のサウンドシステム「void」を搭載しパワフルで重厚感ある音響が鳴り響いています!Zoukのシンボルである、スペイン・バルセロナのチームが手がける巨大な照明システム「マザーシップ」は、今回総額2億円をかけて導入されたそう。。!最高クラスのラグジュアリーシーンを彩るまばゆいレーザー光線や点滅は、天井高9メートルの吹き抜け空間がまるで異世界のように感じられる演出になっており、クラブの世界観を観に行くという観光スポットとしても良いクオリティ。

弊社ではゲスト(入場料50%オフ/2ドリンク付き)のコードをご用意!!

入場時「ウパのゲストで」と言っていただけたら特別価格でご案内可能です。

音響と照明のコントロールにおけるAIの役割

本題に入りますが音響と照明は、イベントやエンターテイメント業界において重要な要素です。効果的な音響と照明のコントロールは、視覚的および聴覚的な体験において大きな影響を与えます。AIの進化により、音響と照明のコントロールはより効率的かつ創造的になりました。本記事では、音響と照明のコントロールにおけるAIの役割について詳しく探っていきます。

1. オートメーションへの転換

AIは、音響と照明のコントロールを自動化する際に非常に役立ちます。センサーデータの解析やアルゴリズムの最適化により、AIは状況に応じて最適な音響と照明の設定を行うことができます。例えば、音響のボリュームや周波数の調整、照明の明るさや色温度の変更など、現場の要件に合わせた最適な状態を自動的に作り出すことが可能です。

2. リアルタイム分析と調整

AIは、リアルタイムで音響と照明のデータを分析し、必要な調整を行うことができます。AIが蓄積したデータとアルゴリズムを組み合わせることで、最適なパフォーマンスが得られるようになります。音響と照明のパラメーターを自動的に調整することで、パフォーマンスのレベルを維持するだけでなく、省エネやコスト削減にも繋がる可能性があります。

3. 予測とアダプテーション

AIは、予測モデルを使用して音響と照明の要件を予測し、自動的に適切な設定を行うことができます。環境の変化やシナリオの変更にも柔軟に対応するため、AIは常に最適な状態を維持することができます。また、AIはユーザーのフィードバックやパフォーマンスデータを学習し、次回のイベントや演出に反映することも可能です。

4. プログラミングの容易さと柔軟性

AIを利用することで、音響と照明のコントロールを行うためのプログラミングが容易になります。AIは自己学習や自己進化の能力を持っており、複雑な制御パターンやシナリオにも柔軟に対応することができます。また、AIを使用することで、ユーザーは特定のプログラミングスキルを持たなくても音響と照明を効果的に制御することが可能となります。

最後に

弊社ではzouk ToKyoご来店の方にゲスト(入場料50%オフ/2ドリンク付き)のコードをご用意!!

入場時「ウパのゲストで」と言っていただけたら特別価格でご案内可能です。

ぜひ東京銀座コリドー街の新たな楽しみになれば幸いです。

弊社スタッフが週末は基本的におりますのでVIPシートご予約等は下記公式LINEまでお問い合わせください。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP