令和は教育もIT化!eラーニング教育のメリットと有効性

こんにちは!
株式会社LINK辰己です!
今回は企業でも注目の教育のIT化について記事を書いていきます!

企業における教育指導に費やす時間は?

企業における教育指導に費やす時間は、企業規模、業種、従業員の年齢層、職種などによって大きく異なります。

1. 従業員研修

  • 中小企業:年平均10時間~20時間
  • 大企業:年平均20時間~30時間

2. マネジメント研修

  • 管理職:年平均30時間~40時間
  • 役員:年平均40時間~50時間

3. 新入社員研修

  • 中小企業:1週間~2週間
  • 大企業:2週間~3週間

4. その他

  • OJT:月平均10時間~20時間
  • オンデマンド研修:月平均5時間~10時間

データソース

  • 厚生労働省「職業能力開発基本調査」
  • 日本能率協会総合研究所「企業研修の実態調査」
  • 経済産業省「中小企業における人材育成に関する調査」

企業における教育指導時間の削減のための取り組み

近年、企業は限られた時間の中で効率的な教育指導を行うために、様々な取り組みを行っています。

  • eラーニングの導入
  • OJTの強化
  • 外部講師の活用
  • AI技術の導入

これらの取り組みは、教育指導時間の削減だけでなく、学習効果の向上や人材育成の効率化にもつながります。

教育の効率化を目指しeラーニングを行う企業も増加!

近年、教育現場におけるeラーニングの導入が進んでいます。eラーニングとは、インターネットなどを活用して時間や場所に縛られずに学習できる教育方法です。従来の対面授業とは異なり、eラーニングには多くのメリットと有効性があります。

eラーニングのメリット

1. 時間・場所の制約がない

eラーニングの最大のメリットは、時間や場所に縛られずに学習できることです。インターネット環境があれば、いつでもどこでも好きな時間に学習を進めることができます。忙しい社会人や、地方に住んでいる人など、従来の教育方法では学習が難しかった人にとっても、eラーニングは大きなメリットとなります。

2. 個々のペースで学習できる

eラーニングは、学習者の理解度やペースに合わせて学習を進めることができます。理解が早い人はどんどん先へ進み、理解が遅い人は自分のペースでじっくりと学習することができます。また、繰り返し学習することも容易なので、理解を深めることができます。

3. 学習コストの削減

eラーニングは、教材費や講師謝金などのコストを削減することができます。また、交通費や宿泊費などの経費も不要です。そのため、従来の教育方法よりも費用を抑えることができます。

4. 学習効果の向上

eラーニングは、動画や音声、画像などを活用した教材を用いることで、学習効果を高めることができます。また、クイズやテストなどの機能を使って、学習内容の理解度を確認することができます。

5. 学習データの管理

eラーニングでは、学習者の学習履歴やテスト結果などをデータとして管理することができます。これらのデータを分析することで、学習者の理解度や学習状況を把握し、より効果的な学習計画を立てることができます。

eラーニングの有効性

eラーニングは、様々な教育分野で有効性を発揮しています。

1. 企業研修

企業研修において、eラーニングは社員教育の効率化とコスト削減に有効です。eラーニングを利用することで、新入社員研修やコンプライアンス研修など、様々な研修を時間や場所に縛られずに実施することができます。

2. 学校教育

学校教育において、eラーニングは個々の学習ペースに合わせた学習や、補習・復習学習に有効です。また、ICT教育の一環として、eラーニングを活用することで、生徒のデジタルリテラシーを高めることができます。

3. 大学教育

大学教育において、eラーニングはオンライン講義やオンデマンド教材の提供に有効です。また、MOOCs(Massive Open Online Courses)と呼ばれる、誰でも無料で参加できるオンライン講座もeラーニングの一種であり、大学の教育機会を世界に広げる可能性を持っています。

eラーニング導入の注意点

eラーニングには多くのメリットと有効性がありますが、導入にあたってはいくつかの注意点があります。ご自身でご作成される方は以下のポイントを考慮しご作成いただくことをおすすめします!

1. 学習者のモチベーション維持

eラーニングは、学習者自身が積極的に学習に取り組む必要があるため、モチベーション維持が課題となります。そのため、学習者にとって魅力的な教材や学習環境を提供することが重要です。

2. 学習内容の質

eラーニングの学習効果は、教材の質に大きく左右されます。そのため、学習者のニーズに合った質の高い教材を開発することが重要です。

3. ITリテラシー

eラーニングを利用するには、パソコンやスマートフォンなどのIT機器の操作スキルが必要です。そのため、学習者に対するITリテラシー教育も必要となります。

まとめ

eラーニングは、時間や場所に縛られずに学習できる、学習コストを削減できる、学習効果の向上など、多くのメリットと有効性があります。今後は、eラーニングの技術革新や教材開発の進展により、さらに教育現場での活用が進んでいくことが予想されます。

参考資料

最後に

eラーニング動画の撮影/編集は株式会社LINK(東京都港区南青山)にお任せ!

動画はクライアント様側で撮影、動画を送るだけのスタンダードプランと動画/撮影をお任せのプレミアムプランをご用意!

初期費用なしの本数に応じた金額設定で安心して導入いただけます!

お問い合わせはこちらからお願いします!

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP